HOME > 商品紹介

セルム®スーパーポリマー

セルム スーパーポリマーとは

「セルム スーパーポリマー」は、ポリロタキサンの一種で、環状高分子を化学修飾することにより様々な工業用途で使用できるよう相溶性・溶解性などを改良した樹脂原料です。熱硬化タイプ、UV硬化タイプがあります。

セルムシリーズ製品一覧

【表をクリックすると大きな画面でご覧いただけます】

期待される用途と対応製品

セルム®スーパーポリマー

◆製品紹介

セルム スーパーポリマーSHシリーズ[ポリオール]

製品概要

セルム スーパーポリマーSHシリーズは、水酸基を有する修飾ポリロタキサンで、一般のポリオール同様にポリエステル、ポリウレタン、エポキシ樹脂などの原料として、塗料、粘・接着剤、シーラント、エラストマーなどへの利用が可能です。SHシリーズには軸分子(ポリエチレングリコール)の分子量が3.5万の「SH3400P」、2万の「SH2400P」、及び1万の「SH1310P」の3グレード があります。

 

化学構造式

 

基本データ

セルム スーパーポリマーSM/SAシリーズ[UV硬化性樹脂]

製品概要

セルム スーパーポリマーSM/SAシリーズは、側鎖にラジカル硬化性基を導入したポリロタキサンで、(メタ)アクリルモノマー、オリゴマー同様、光ラジカル重合開始剤での硬化反応が可能です。製品の状態は50%MEK溶液です。改質剤的に添加するのが望ましく、ウレタンアクリレート等の柔らかめの材料の改質に向いています。メタクリル変性のSMシリーズ、アクリル変性のSAシリーズの2グレードがあります。

 

化学構造式

 

基本データ

セルム キー・ミクスチャーSM/SAシリーズ[UV硬化性樹脂 低溶剤タイプ]

製品概要

セルム キー・ミクスチャーSM/SAシリーズは、セルム スーパーポリマーSM/SAシリーズを反応性希釈剤(アクリル系オリゴマー)と配合した低溶剤製品です。コーティングに用いると、単独の硬化で傷修復性が出るように設計されています。メタクリル変性のSMシリーズ、アクリル変性のSAシリーズの2グレードがあります。

 

用途と期待される効果

用 途  : 塗料、コーティング、インキ、粘・接着剤、シーラント等

期待効果: ①低VOCタイプ(酢酸エチル≦1%)

②応力緩和、ヒステリシスロスを低減できる

③傷修復性を付与できる

④柔軟性、耐衝撃性、振動吸収性を付与できる

 

基本データ

セルム エラストマーSH3400M [無溶剤一液型エラストマー材料]

製品概要

セルム エラストマーSH3400Mは、セルム スーパーポリマーSH3400Pをベースに当社が開発した無溶媒一液型の熱硬化性のエラストマー生地(材料)です。 セルム エラストマーSH3400Mを150℃~170℃で2~5時間加熱すると硬化し、特徴的なエラストマーが成型できます。

 

特徴

1.ゴム硬度30と非常に柔らかい物性

使用温度域はウレタン系よりも広い-20℃台から120℃まで。

2.へたらない

圧縮永久歪が1%(70℃24時間)。

応力緩和が低く、長時間の変形状態でも張力がほとんど変化しません。

3.幅広い周波数帯域で優れた振動吸収特性を示す

振動と騒音を同時に吸収します。

 

4.優れた光透過性

可視光域でアクリル樹脂並みの透光度があります。

5.フィラー充填も可能

既存樹脂に比べてフィラー充填後の物性変化が少ない特性を示します。

 

基本データ

 

物性データ